碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

「ハケン占い師アタル」は脚本家・遊川和彦の熟練技が光る

公開日: 更新日:

 昨年、「花のち晴れ~花男Next Season~」で連ドラ初主演を果たした杉咲花。今期は「ハケン占い師アタル」のヒロインである。イベント会社で派遣社員として働く的場中(杉咲)は、他人の内面を見通す特殊能力の持ち主だ。同じ部署の面々が抱えるさまざまな悩みを密かに解決していく。

 たとえば、自分に自信のない神田和実(志田未来)には小学生時代の光景を見せる。当時、級友たちに「くさい」と言われたことがトラウマとなっている和実だが、本当は「笑顔が嘘くさい」という意味だった。他人に嫌われないことに汲々としている彼女に、「自分に対する愛が欠けている。もっと自分を大切にしようよ!」と説く。

 また、コネ入社の坊ちゃん社員・目黒円(間宮祥太朗)には、最愛の母を失ってつらかったのは父親も同じだと教える。そして「少しは大人になれよ!」と叱咤するのだ。アタルがやっているのは「占い」というより「人生相談」であり、アタルは「占い師」というより特殊能力を生かした「カウンセラー」である。

 登場人物たちの「悩み」には何かしら普遍性があり、見ている側もアドバイスを自分に引き寄せて聞くことができる。このアタル流「人生のヒント」を支えているのは遊川和彦のオリジナル脚本だ。天海祐希「女王の教室」や松嶋菜々子「家政婦のミタ」を手掛けてきた熟練の技が光る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  4. 4

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  9. 9

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

  10. 10

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

もっと見る