碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

「ハケン占い師アタル」は脚本家・遊川和彦の熟練技が光る

公開日: 更新日:

 昨年、「花のち晴れ~花男Next Season~」で連ドラ初主演を果たした杉咲花。今期は「ハケン占い師アタル」のヒロインである。イベント会社で派遣社員として働く的場中(杉咲)は、他人の内面を見通す特殊能力の持ち主だ。同じ部署の面々が抱えるさまざまな悩みを密かに解決していく。

 たとえば、自分に自信のない神田和実(志田未来)には小学生時代の光景を見せる。当時、級友たちに「くさい」と言われたことがトラウマとなっている和実だが、本当は「笑顔が嘘くさい」という意味だった。他人に嫌われないことに汲々としている彼女に、「自分に対する愛が欠けている。もっと自分を大切にしようよ!」と説く。

 また、コネ入社の坊ちゃん社員・目黒円(間宮祥太朗)には、最愛の母を失ってつらかったのは父親も同じだと教える。そして「少しは大人になれよ!」と叱咤するのだ。アタルがやっているのは「占い」というより「人生相談」であり、アタルは「占い師」というより特殊能力を生かした「カウンセラー」である。

 登場人物たちの「悩み」には何かしら普遍性があり、見ている側もアドバイスを自分に引き寄せて聞くことができる。このアタル流「人生のヒント」を支えているのは遊川和彦のオリジナル脚本だ。天海祐希「女王の教室」や松嶋菜々子「家政婦のミタ」を手掛けてきた熟練の技が光る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る