二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

スターダストは焦らずじっくり俳優育てドラマ・映画を席巻

公開日: 更新日:

 女優陣が充実しているのがスターダストだ。1月のドラマを見ても、常盤貴子竹内結子北川景子がドラマの主演を張り、昨年の朝ドラ「半分、青い。」でブレークした永野芽郁菅田将暉主演の民放ドラマに出演。話題を呼んでいる。同じ事務所から複数の女優が主演は珍しいが、豊富な女優陣を誇る証しでもある。

 1979年、大手事務所でマネジャーとして腕を磨いた現・会長が創設。代官山にあったマンションの一室から始まった事務所は今や恵比寿界隈のビルに部署が分散。「スターダスト村」とまで呼ばれる。レッスン生も含め1000人近いタレントが所属する。“ももいろクローバーZ”ら歌手、山口もえらタレントもいるが、主に育てているのは俳優。

 子供から無料でレッスンをさせ筋のいい子を見極めて子役からやらせる。永野も、その前の朝ドラ「わろてんか」の葵わかなも子役出身。朝ドラに続けて主演を張ったことで、「NHKとの癒着」とネットで騒がれたが、放送関係者は「朝ドラは半年間の長丁場。演技がしっかりしてないとオーディションに受からない」という。激戦の若手女優界を勝ち抜く根幹は演技力にある。子役から鍛えた演技力は大きい。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

  2. 2
    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

  3. 3
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  1. 6
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  2. 7
    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

  3. 8
    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  4. 9
    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

  5. 10
    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める

    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める