<5>落語への興味は笑福亭鶴瓶のラジオと枝雀の上方落語

公開日: 更新日:

 歌之介こと野間賢は中学1年の3学期が終わった時、6年間過ごした鹿児島を離れて、母のいる大阪の紡績工場の寮へ移った。反抗期で祖母が持て余していたので、母が引き取ることになったのだ。

「大東市の住道中学に転校しました。同級生は河内弁丸出しで、ちょっと怖かったです。鹿児島の中学でやってた軟式テニス部に入って、勉強よりもテニスに打ち込んでました。それでも当時、偏差値が最低クラスだった汎愛高校に入学できまして、そこのテニス部で、後に新作落語の主人公になる田畑と出会うんです。おっさんみたいな老け顔で、度の強い眼鏡をかけている。対外試合に出向くと、相手校の顧問の先生が田畑を顧問だと思い込んで、『今日はよろしくお願いします』と挨拶するんですから。試合が始まって田畑が出場すると、『生徒だったのか』と驚くのが常でした」

 歌之介が新作落語を演じ始めた頃、彼を主人公にした「田畑クン」という落語をつくっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る