高額賠償抱えたピエール瀧にドイツでミュージシャン復帰説

公開日: 更新日:

■保釈後の足取りは不明

「保釈後、ピエールを乗せたバンを各社が追跡しましたが、その後の足取りは判然としていないようです。どこかの更生施設に入ったと考えられますが……」(週刊誌記者)

 コカインを使用したとして麻薬取締法違反の罪で起訴された俳優でミュージシャンのピエール瀧(52=本名・瀧正則)被告が今月4日、警視庁東京湾岸署から、逮捕から23日ぶりに保釈された。

「瀧被告は取り調べに素直に応じ、入手ルートから使用歴まで全てをゲロっている。当初は芸能界に蔓延する薬物ルートを一網打尽にしようと意気込んでいた“マトリ(関東麻薬取締部)”もこれ以上、捜査の進展がないと判断した。これで打ち切りとなる」(捜査関係者)

 今回、保釈金400万円を支払い、晴れて自由を手にした瀧被告。ラジオ番組で共演していたフリーアナウンサーの赤江珠緒には深夜に突然、電話をかけ「みんなに謝っておいて」と伝えたそうだが、そんな彼を待ち受けているのは日本芸能史上最高額と噂される損害賠償額だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  7. 7

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  8. 8

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る