小松純也
著者のコラム一覧
小松純也プロデューサー

1967年、兵庫県西宮市生まれ。京都大学文学部在学中、「劇団そとばこまち」に在籍。卒業後、フジテレビ入社。19年3月、フジテレビを退社。現在、株式会社スチールヘッド代表取締役。共同テレビジョンのプロデューサーとして活動中。

そこでしかできないことへの“こだわり”がヒット商品を生む

公開日: 更新日:

【法則10】自分の強み知る

 ネットとの差別化が難しくなり、テレビはネットに取って代わられそうな状況だ。

 しかし、多くの人気番組を手がけてきたヒットメーカーの小松純也(52)は、テレビにしかできないモノにこだわって番組を作っているという。

「テレビの強さって何だろうということは、自分も含めて、いまテレビマンは真剣に考えたほうがいいなと思いますね。テレビの強みのひとつは、圧倒的にマスだということだと思います。多くの人が同じモノを見ているという状況をつくりだせる。と同時に、いま起きていることを速報で日本中に伝えられることでしょう。スポーツ中継がまさにそうですよね。皆が固唾をのんで見守る状況を提供できる。バラエティー番組を作ってきた自分は、なんとかバラエティーでそれをやれないかと考えています。なにが起きるか分からない状況を視聴者がドキドキしながら見られるバラエティーを作ったら、絶対にヒットすると思う。ただ、まだいい方法が見つかっていません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

  10. 10

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る