小松純也
著者のコラム一覧
小松純也プロデューサー

1967年、兵庫県西宮市生まれ。京都大学文学部在学中、「劇団そとばこまち」に在籍。卒業後、フジテレビ入社。19年3月、フジテレビを退社。現在、株式会社スチールヘッド代表取締役。共同テレビジョンのプロデューサーとして活動中。

そこでしかできないことへの“こだわり”がヒット商品を生む

公開日: 更新日:

【法則10】自分の強み知る

 ネットとの差別化が難しくなり、テレビはネットに取って代わられそうな状況だ。

 しかし、多くの人気番組を手がけてきたヒットメーカーの小松純也(52)は、テレビにしかできないモノにこだわって番組を作っているという。

「テレビの強さって何だろうということは、自分も含めて、いまテレビマンは真剣に考えたほうがいいなと思いますね。テレビの強みのひとつは、圧倒的にマスだということだと思います。多くの人が同じモノを見ているという状況をつくりだせる。と同時に、いま起きていることを速報で日本中に伝えられることでしょう。スポーツ中継がまさにそうですよね。皆が固唾をのんで見守る状況を提供できる。バラエティー番組を作ってきた自分は、なんとかバラエティーでそれをやれないかと考えています。なにが起きるか分からない状況を視聴者がドキドキしながら見られるバラエティーを作ったら、絶対にヒットすると思う。ただ、まだいい方法が見つかっていません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  4. 4

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  5. 5

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  8. 7

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  9. 8

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    チャンミン結婚へ 東方神起とJYJにみる韓国芸能界の光と影

もっと見る