長澤まさみ「コンフィデンスマンJP」映画化で月9変わるか

公開日: 更新日:

 平成初期から高視聴率を連発していたフジテレビ系の看板枠“月9”が、そのブランド力を失って久しいが、昨年7月期の「絶対零度」から3期連続で、全話平均視聴率2ケタを確保。今期の「ラジエーションハウス」も今のところ2ケタをキープしている。月9は復調傾向なのか?

「視聴率2ケタでヒット扱いの昨今、最近の月9は1話完結の事件・医療ものに“特化”して2ケタを死守しているという感じですね。この時代、それも戦略のひとつなのでしょう」(エンタメ誌ライター)

 漫画や小説、海外ドラマなど実績のあるもの、リアルタイムでテレビに向かう層が喜ぶ事件・医療の1話完結ものは確かに視聴率が安定し、高視聴率も望める要素だ。

「でも、ずっとその路線は続かないはず」と語るのは、テレビコラムニストの亀井徳明氏だ。亀井氏は「5月17日から劇場公開される『コンフィデンスマンJP』が、令和の“月9”を占うことになります」と話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  6. 6

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  7. 7

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  8. 8

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  9. 9

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  10. 10

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

もっと見る