“しぶとさ”が人気の理由 芸能界にアラフィフブーム到来か

公開日: 更新日:

 24日、都内で行われた「薬用ピュオーラ GRAN」の新CM発表会に、マツコ・デラックス(46)、大久保佳代子(47)、いとうあさこ(48)のアラフィフ3人が登場した。

 お口のエイジングケアに注力した製品にちなみ、3人は口内年齢検査を実施。マツコは20代前半、大久保は60代以上、いとうは40代前半という結果に大久保は「こんなイメージ植えつけられると深めのキスしてくれなくなる」などと3人で自虐的女子会トークが炸裂。会場は笑いが絶えなかった。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「芸能界で生き抜いてきた“しぶとさ”に裏打ちされた嫌みのなさが、人気の理由でしょう。自身の老いにヒネリを利かせて表現し、下ネタや下品な言葉を発しても炎上せず、商品の良さだけが伝わる。とはいえ、隙あらば恋もしたい“干からびた女”でもないところも親近感になっています。このSNS時代に全方位に好感度を得られる希少な存在。アラフィフブームともいえるのでは」

 人生100年時代ともなると50歳でもまだ折り返し。芸能人も白い歯も“しぶとさ”が命だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

  10. 10

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

もっと見る