仙道敦子も…アラフィフ女優復帰の裏にスポットライト願望

公開日:

 1990年代にTBS系ドラマ「クリスマス・イヴ」などでヒロインを務めた女優の仙道敦子(48)。93年に俳優の緒形直人(50)と結婚後に長らく休止していた芸能活動を再開させることが明らかになった。

 女優復帰は、7月スタートのTBS系日曜劇場「この世界の片隅に」。ドラマ公式サイトによると、役どころは主人公すずの母・浦野キセノ。仙道の連続ドラマ出演は93年「徹底的に愛は…」以来、実に25年ぶりとなる。ネットでは久々の仙道の登場に往年のファンから驚きと感激の声が上がっているという。

「長男の敦は96年6月生まれ。今月22歳になり、俳優として活躍しています。子供も独立し、50代を迎えるにあたって、もう一度、一花咲かせようというのでしょうね。復帰の噂はなかったわけじゃありません」(スポーツ紙芸能デスク)

 今の時代は引退後も将来的な復帰の可能性はゼロではないだけに、仙道の復帰も自然といえば自然か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る