仙道敦子も…アラフィフ女優復帰の裏にスポットライト願望

公開日: 更新日:

 1990年代にTBS系ドラマ「クリスマス・イヴ」などでヒロインを務めた女優の仙道敦子(48)。93年に俳優の緒形直人(50)と結婚後に長らく休止していた芸能活動を再開させることが明らかになった。

 女優復帰は、7月スタートのTBS系日曜劇場「この世界の片隅に」。ドラマ公式サイトによると、役どころは主人公すずの母・浦野キセノ。仙道の連続ドラマ出演は93年「徹底的に愛は…」以来、実に25年ぶりとなる。ネットでは久々の仙道の登場に往年のファンから驚きと感激の声が上がっているという。

「長男の敦は96年6月生まれ。今月22歳になり、俳優として活躍しています。子供も独立し、50代を迎えるにあたって、もう一度、一花咲かせようというのでしょうね。復帰の噂はなかったわけじゃありません」(スポーツ紙芸能デスク)

 今の時代は引退後も将来的な復帰の可能性はゼロではないだけに、仙道の復帰も自然といえば自然か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  3. 3

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る