仙道敦子も…アラフィフ女優復帰の裏にスポットライト願望

公開日: 更新日:

 1990年代にTBS系ドラマ「クリスマス・イヴ」などでヒロインを務めた女優の仙道敦子(48)。93年に俳優の緒形直人(50)と結婚後に長らく休止していた芸能活動を再開させることが明らかになった。

 女優復帰は、7月スタートのTBS系日曜劇場「この世界の片隅に」。ドラマ公式サイトによると、役どころは主人公すずの母・浦野キセノ。仙道の連続ドラマ出演は93年「徹底的に愛は…」以来、実に25年ぶりとなる。ネットでは久々の仙道の登場に往年のファンから驚きと感激の声が上がっているという。

「長男の敦は96年6月生まれ。今月22歳になり、俳優として活躍しています。子供も独立し、50代を迎えるにあたって、もう一度、一花咲かせようというのでしょうね。復帰の噂はなかったわけじゃありません」(スポーツ紙芸能デスク)

 今の時代は引退後も将来的な復帰の可能性はゼロではないだけに、仙道の復帰も自然といえば自然か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  8. 8

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る