<上>ピエール瀧も新井浩文も“雲隠れ”は芸能界復帰を阻む

公開日: 更新日:

 大麻所持でどん底を味わった美川は、ピエール瀧のコカイン逮捕にも憤まんやるかたない。

「『テンション上げるためにコカインを使っていた』という発言には“何でそこまで言ってしまうのか”と呆れました。(ピエール瀧は)小心者なんでしょうね。もし本心だとしても、それじゃステージに上がるために薬を使ってきたのか、って話になってしまう。あれは芸能人として禁句だと思います。芸能リポーターも“もっと聞きゃあいいのに”と思いますよ。私が逮捕された頃は毎日ワイドショーに追いかけられ、キツイ質問攻めが続きましたから。でないと悪魔が近寄ってくるんだから」

 悪魔とは?

「薬物は繰り返すのが普通で、懐かしさというか、高揚感を体が覚えています。また薬を渡そうとする人も寄ってきます。そういった悪魔を断ち切るにはよっぽど精神を強くしないとならないんです。でも、私もあの時逮捕されなかったら、芸能生活55周年を迎えることなく“あの人は今”になっていたかもしれません。あの時、地獄を見て這い上がったことは自分の誇りなので、30年以上経った今でも薬物についてお話しするんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  6. 6

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  7. 7

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る