松本りんす“僕はサイテー”交際のため彼女は大学辞めたのに

公開日: 更新日:

 今年、「R―1ぐらんぷり2019」の決勝に進出し、カツラ芸が話題になった、だーりんず・松本りんすさん。遠距離恋愛の後、近くに越してくれたサイコー女とお付き合いしていたのに、自身は芸人を目指して一人で東京に行ってしまったサイテー男!?

  ◇  ◇  ◇

■女性との交際は大学に入ってから

 高校は工業高校だから女子は情報科に30人くらいしかいませんでした。男子は200~300人。女子と話すこともなく、童貞まっしぐらでした。当時の理想のタイプは松たか子さん。でも、そんな女性とはまったく接点がなくて。

 女性と付き合うのは岐阜の大学に入ってから。相手はビアガーデンのバイト先で一緒に働いてた、川島なお美さんに似てる大人っぽい女の子。地元が岐阜だけど、彼女は大阪の大学に通っていて夏休みで帰省してバイトしていたんです。なので付き合い始めてからは岐阜と大阪の遠距離恋愛。最初は手紙。次にポケベル、次にケータイと付き合い方が変化(笑い)。当時は無料通話とかないからケータイ代が月6万円とかになって、親にメチャメチャ叱られました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  5. 5

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る