桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

ドラマじり貧でも…TV各局があの手この手で作り続ける理由

公開日: 更新日:

 どうせ見るなら視聴者はテレビを見て得した気分になりたい。だから、つまらないドラマに時間を費やすのは最悪。時間潰しはスマホで十分。昨今、連ドラが見られなくなったのも一言でいえばそれが理由で、視聴率はジリジリ下がり、10%なら御の字。15%を超えようものなら大ヒット扱いだ。

 先週放送の岡田准一主演の5夜連続ドラマスペシャル「白い巨塔」(テレビ朝日系)も全話10%以上、最終話は15・2%を記録し、上を下への大騒ぎ。勝てば官軍、田宮二郎版、唐沢寿明版が良かったという声もかき消された……。

■「5夜連続SP」が定着した裏事情

 それはともかく、注目したいのは今回の「5夜連続」という見せ方。現在、連ドラは3カ月で1クールが基本になっている。昭和は半年、1年続く連ドラは当たり前。人気が上がれば延長されるなんてこともあったように思うが、主役にアイドルやら人気俳優を起用するようになり、彼らを拘束するのは3カ月が限度という裏事情もあって今のパターンが定着した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る