ジャニーズ社長ジャニー喜多川氏が救急搬送 芸能界に激震

公開日: 更新日:

 ジャニー氏は東京五輪・パラリンピック開催の2020年に合わせた20人+20人=40人体制のユニット「2020(トゥエンティートゥウェンティー)プロジェクトを本格化させる」とも宣言。最近もやる気をみなぎらせていたというが、その一方で体調を崩して病院に通うことも増えていたという。

 今回のジャニーズ氏の容体の異変をツイッターでいち早く伝えた、芸能ジャーナリストの芋澤貞雄氏がこう言う。

「ジャニー氏は言わずと知れたジャニーズ帝国に君臨するトップです。滝沢秀明に代替わりしましたが、タレントの力量を見抜く卓越した眼力は到底かないません。危篤情報が事実だとしたら、芸能界の構図がこれからガラリと変わることになるでしょう」

 ジャニー氏に関してはこれまでも、デタラメな“死亡説”が流されることがあった。早期回復と復帰が待たれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る