大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

新シネコン激戦区「池袋」の誕生裏で存在感かすむ「渋谷」

公開日: 更新日:

 都内・池袋にできた新しいシネコン、グランドシネマサンシャインが評判だ。

 巨大なスクリーン、感度良好な音響環境など、近年進むシネコンの最先端設備が存分に完備されている点が、集客の大きな理由になっている。早くも全国有数のシネコンの仲間入りである。

 池袋には、来年の夏に東宝系列のTOHOシネマズ(10スクリーン)が開業する。池袋駅から一番近い既存館の池袋HUMAXシネマズも健在で、今後この地域はシネコンの大激戦区になる。埼玉県内、新宿あたりまで射程に入れ、池袋を中心とした興行地図が大きく変わる可能性が高い。

 ただ、そんな都心のシネコン大激戦に乗り遅れた地域がある。渋谷だ。現在、大再開発地域としてさまざまなビルが乱立するエリアだが、少し前に予定があったシネコン建設がトーンダウンしている。もともと渋谷は映画館の大激戦区で、東宝と現在は東急電鉄資本の東急レクリエーションが、しのぎを削る地域だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  6. 6

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  7. 7

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  8. 8

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  9. 9

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

  10. 10

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る