大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、(株)文化通信社に入社。同社特別編集委員、映画ジャーナリストとして、現在に至る。1992年からは独立系を中心とした邦画を賞揚する日プロ大賞(日本映画プロフェッショナル大賞)を発足し、主宰する。著書は「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など。

新シネコン激戦区「池袋」の誕生裏で存在感かすむ「渋谷」

公開日: 更新日:

 都内・池袋にできた新しいシネコン、グランドシネマサンシャインが評判だ。

 巨大なスクリーン、感度良好な音響環境など、近年進むシネコンの最先端設備が存分に完備されている点が、集客の大きな理由になっている。早くも全国有数のシネコンの仲間入りである。

 池袋には、来年の夏に東宝系列のTOHOシネマズ(10スクリーン)が開業する。池袋駅から一番近い既存館の池袋HUMAXシネマズも健在で、今後この地域はシネコンの大激戦区になる。埼玉県内、新宿あたりまで射程に入れ、池袋を中心とした興行地図が大きく変わる可能性が高い。

 ただ、そんな都心のシネコン大激戦に乗り遅れた地域がある。渋谷だ。現在、大再開発地域としてさまざまなビルが乱立するエリアだが、少し前に予定があったシネコン建設がトーンダウンしている。もともと渋谷は映画館の大激戦区で、東宝と現在は東急電鉄資本の東急レクリエーションが、しのぎを削る地域だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  5. 5

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  9. 9

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る