遠藤憲一「それぞれの断崖」が好評 “噂の場面”は第何話?

公開日: 更新日:

 遠藤が演じるのは、13歳の息子を同級生に殺害された父親。10日の放送では、息子を殺した相手が少年法で守られていることへの怒り、そして自らの言動により、逆に追い込まれる立場になる苦悩を演じてみせた。

「息子が殺された夜、デートクラブにいたという“情けない父親”。そしてストーリーが進むにつれ、加害者の母親と関係を持ってしまう。制作発表会見では、相手役の田中美里とのシーンを、エンケンは『予定以上に激しくやってしまった』と言っていました」(前出のテレビ誌ライター)

 テレビコラムニストの亀井徳明氏も「最近の土ドラ枠はケレン味たっぷりの演出が続きましたが」と、こう続ける。

「『それぞれの断崖』の序盤を見ると、“演技”でじっくり見せる感じ。だから“その場面”に至るまでの心情をどう演じてくれるのかが楽しみですね。2000年にテレビ東京の水曜夜8時枠で連ドラ化されましたが、当時48歳の三浦友和と40歳の石田えりの“オトナのベッドシーン”が過激だと話題になりました。とかく“その場面”ばかりに興味がいきがちですが、そこに至るまでの心理描写にこそ役者の力量が問われるのだから、過程を見守りたい」

 ちなみに2000年版の“その場面”は全10話中の第8話。「大人の土ドラ」版は全8話なので、バランス的に第6話あたりと予想される。被害者の父親と加害者の母親がどうしてそうなるのか……遠藤の“オトナの演技”に期待したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る