邦画界を勇気づける「おっさんずラブ」は興収12億円突破

公開日: 更新日:

「おっさんずラブ」が話題になっている。深夜ドラマが映画になるのがまず異例だが、8月31日と9月1日の動員ランキング(興行通信社調べ)では「劇場版おっさんずラブ~LOVE or DEAD~」は第3位。興収は累計で12億円を突破とのこと。大作とはいえないのにこの数字は立派だ。まだまだ伸びるだろう。

 もともとは3年前の大晦日の深夜に単発でやったドラマ。去年、深夜帯でワンクールやったら「おっさんずラブ」というワードが独り歩きするようになり、今年は映画化されてヒットとなった。

「タイトルは知ってるけど、男同士の恋の話がなんでウケるの?」とおっさん世代は疑問に思っているようだが、支持者の多くは女性。10年前からOLなど多くの女性はBL(ボーイズラブ)のコミックスを読んでいる。「おっさんずラブ」みたいなドラマを待っていた層はいたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

  2. 2

    「桜疑惑」と検察リーク…ホテル側は口封じされていた

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    小池都知事「GoTo」除外に白旗準備…高まる批判に方針転換

  6. 6

    G菅野「急転残留」の現実味…コロナ、日本S惨敗が不安の種

  7. 7

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  8. 8

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  9. 9

    小金沢昇司に数々の“酒武勇伝”…北島三郎も激怒していた

  10. 10

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

もっと見る