食事にもこだわり 楠瀬誠志郎さんが描く理想のコンサート

公開日: 更新日:

 山下達郎、小林武史らと音楽シーンで共演、1991年にシングル「ほっとけないよ」が70万枚のヒットを記録した楠瀬誠志郎さん(59)。その後もミュージシャン、アレンジャーとして80~90年代は郷ひろみからSMAPまで数多くの楽曲を提供してきたスペシャリストだ。どうしても実現させたいステージがある……。

  ◇  ◇  ◇

 ふと我に返る瞬間は夕暮れから夜になる、隙間の時間です。その時に照らし出される街の風景が好きですね。ギンギンに太陽が輝く青い空もいいけど、やがてあかね色になり、夜空が徐々に広がって、月に照らされていく瞬間です。暖かく包み込まれたような空気が、夜の澄んだ空気に変わっていく。自然界の壮大な変化を感じられる時間という言い方もできます。

 ミュージシャンはスタジオにこもることが多いので、そのゆったりしたぜいたくな隙間を見ることができないことが多い。だから、ボクの夢は夕暮れの空が果てしなく広がる浜辺で、真っ赤な太陽が落ちるのを眺めながら行う、極上のプライベートコンサートです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  4. 4

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  5. 5

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  6. 6

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  7. 7

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  8. 8

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  9. 9

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

  10. 10

    阪神1位指名の近畿大・佐藤輝明は前代未聞の大型内野手

もっと見る