青山佳裕
著者のコラム一覧
青山佳裕

1954年、東京生まれ。美空ひばりの時代から取材歴40年。現在も週刊誌などで活躍するベテラン直撃記者。

披露宴で確執発覚 神田沙也加に見た母・松田聖子との相克

公開日: 更新日:

 平成9(1997)年に松田聖子(57)は神田正輝(68)との12年の結婚生活にピリオドを打ち、「聖輝の離婚」との見出しがスポーツ紙1面に躍った。

 聖子はニューヨークで知り合った「青い目の愛人」ジェフ・ニコルスとの関係を取り沙汰され、暴露本も出ていたし、離婚は当然の帰結だったのだろう。それも破局した聖子はアラン・リードというダンサーを経て、「ビビビッ」ときた歯科医と再婚、また離婚。マネジャーとの関係を取り沙汰されて、平成22(10)年に出会った慶応大の医学部准教授と再々婚、現在にいたる。

 平成の聖子は歌手であるのと同じくらい、「スキャンダルの女王」としての存在が際立った。本人もそれを楽しんでいたのか、成田空港で芸能マスコミがごった返す取材エリアが過ぎ、階段を下りる途中で振り返った顔は、それまでの仏頂面が嘘のような満面の笑み、白い歯を見せていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  3. 3

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  7. 7

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る