碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

「スカーレット」出だし堅実も…勝負は戸田恵梨香の登場後

公開日: 更新日:

 新しい朝ドラ「スカーレット」が始まった。主人公は「女性陶芸家の草分け」。ヒロインの川原喜美子を演じるのは戸田恵梨香だが、初回にチラッと顔を見せただけで、あとは昭和22年の少女時代にワープした。

 第1週の印象はズバリ、「手堅い」。喜美子(子役の川島夕空)は小学4年生。家は給食費にも困るほど貧しい。学校にもあまり行けず、読み書きも苦手だ。同じクラスにいる裕福な窯元の娘、熊谷照子(子役は横溝菜帆、後に大島優子)に言わせれば、「かわいそうでアホな子」である。しかし、働き者の喜美子は明るい。心根は優しく、負けず嫌いだ。そして将来を予感させるかのように絵がうまい。「愛すべきヒロイン」「応援したくなるヒロイン」を造形するという意味で、手堅い設定であり導入だった。このあたり、脚本の水橋文美江(「ホタルノヒカリ」など)に抜かりはない。また配役も手堅いのだ。悪人を演じてもうまい北村一輝が、酒好きで面倒見のいい父親。デビュー映画「アイコ十六歳」で天才少女と呼ばれた富田靖子が、ほんわかとした母親を楽しげに演じている。

 全体として破綻もミスもない、手堅い立ち上がりだった。しかし本当の勝負は戸田恵梨香が登場してからだろう。かつて「第2の(沢尻)エリカ様」と言われたこともある戸田。何より女性視聴者の反応が分かれ目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る