碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

「スカーレット」出だし堅実も…勝負は戸田恵梨香の登場後

公開日: 更新日:

 新しい朝ドラ「スカーレット」が始まった。主人公は「女性陶芸家の草分け」。ヒロインの川原喜美子を演じるのは戸田恵梨香だが、初回にチラッと顔を見せただけで、あとは昭和22年の少女時代にワープした。

 第1週の印象はズバリ、「手堅い」。喜美子(子役の川島夕空)は小学4年生。家は給食費にも困るほど貧しい。学校にもあまり行けず、読み書きも苦手だ。同じクラスにいる裕福な窯元の娘、熊谷照子(子役は横溝菜帆、後に大島優子)に言わせれば、「かわいそうでアホな子」である。しかし、働き者の喜美子は明るい。心根は優しく、負けず嫌いだ。そして将来を予感させるかのように絵がうまい。「愛すべきヒロイン」「応援したくなるヒロイン」を造形するという意味で、手堅い設定であり導入だった。このあたり、脚本の水橋文美江(「ホタルノヒカリ」など)に抜かりはない。また配役も手堅いのだ。悪人を演じてもうまい北村一輝が、酒好きで面倒見のいい父親。デビュー映画「アイコ十六歳」で天才少女と呼ばれた富田靖子が、ほんわかとした母親を楽しげに演じている。

 全体として破綻もミスもない、手堅い立ち上がりだった。しかし本当の勝負は戸田恵梨香が登場してからだろう。かつて「第2の(沢尻)エリカ様」と言われたこともある戸田。何より女性視聴者の反応が分かれ目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  4. 4

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  5. 5

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  6. 6

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    有村架純“ジャニタレ共演NG”解禁 キンプリ高橋との行方は

  9. 9

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

  10. 10

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

もっと見る