碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

「ルパンの娘」で存分に楽しめたセクシー怪盗役の深キョン

公開日: 更新日:

 代々泥棒稼業を続けてきた一家がある。一方、代々警察官の職に就いてきた一家がある。泥棒一家の娘・三雲華(深田恭子)と、警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)が恋に落ちた。追う者と追われる者の禁断の恋。「ルパンの娘」はそういうドラマだ。

 荒唐無稽と言われれば、その通り。「単発ならともかく連ドラで成立するのか」と問われれば、ごもっともである。しかし、制作陣もキャストもガチでこれを作り続けた。まず、そのことに拍手だ。

 最終話では、華の祖母マツ(どんぐり)を巡る、かつての恋と友情の青春物語と、宿敵である元警視総監との因縁が開陳された。昭和30年代を再現したオープンセットに驚いたし、脱出用のテントウムシ形ヘリコプターなどもよく出来ていた。こうした美術やVFXにも手を抜かずにやってきたのが、このドラマだ。

 そして主演の深田である。ボディーラインを強調したセクシー衣装は、映画「ヤッターマン」のドロンジョ様を思い出させる大サービス。「キレがいい」とまでは言えないアクションも、その一生懸命さが伝わってきた。

 ほんと、この人はどんな役も本気だ。しかも探偵だろうが、航空管制官だろうが、小学生の母親だろうが、深キョンにしか見えない。今回も深キョンが演じる怪盗というより、怪盗を演じる深キョンを存分に楽しめた。うん、それでいいのだ!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る