ラッシャー板前さん 付き人時代にたけし愛飲の酒をペロッ

公開日: 更新日:

 高校を卒業後、板前を2年間やって、20歳でビートたけし師匠に弟子入りしました。師匠の付き人もしていたので、他の軍団では味わえなかった特別な経験をさせてもらうことができました。

 当時はまだ20歳ですから、お酒の本当のおいしさもそんなに分からなかった。自分で払って飲むお酒は、決まって安い酒でした。居酒屋さんに飲みに行っては瓶の中には何が入っているか分からないウイスキーを飲んだりして、翌日は悪酔いで頭が痛くなったり(笑い)。

■当時1本8万円

 そんな時代に師匠が飲んでいたのがバランタインの30年ものです。師匠にお酒を買ってくるように頼まれたこともありました。当時で8万円くらいしたかな。一度でいいから飲んでみたい……。

 付き人だから、身の回りのお世話をするのに、師匠の家にひとりで出入りすることもあるわけです。それで、しめしめ(!)と思いながら、バランタイン30年をペロッと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  2. 2

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  6. 6

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

  10. 10

    ワークマン人気に群がるTV各局の安直な発想とそっくり演出

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る