ラッシャー板前さん 付き人時代にたけし愛飲の酒をペロッ

公開日: 更新日:

 高校を卒業後、板前を2年間やって、20歳でビートたけし師匠に弟子入りしました。師匠の付き人もしていたので、他の軍団では味わえなかった特別な経験をさせてもらうことができました。

 当時はまだ20歳ですから、お酒の本当のおいしさもそんなに分からなかった。自分で払って飲むお酒は、決まって安い酒でした。居酒屋さんに飲みに行っては瓶の中には何が入っているか分からないウイスキーを飲んだりして、翌日は悪酔いで頭が痛くなったり(笑い)。

■当時1本8万円

 そんな時代に師匠が飲んでいたのがバランタインの30年ものです。師匠にお酒を買ってくるように頼まれたこともありました。当時で8万円くらいしたかな。一度でいいから飲んでみたい……。

 付き人だから、身の回りのお世話をするのに、師匠の家にひとりで出入りすることもあるわけです。それで、しめしめ(!)と思いながら、バランタイン30年をペロッと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  5. 5

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  6. 6

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  7. 7

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

  8. 8

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

  9. 9

    田中のヤ軍再契約消滅 “病み上がり”2投手獲得で実力見切り

  10. 10

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

もっと見る