徳井義実「いだてん」好演も…所得隠しで“幻の代表作”に

公開日: 更新日:

 3日放送のNHK大河ドラマいだてん」。番組冒頭で「10月1日にすべての収録を終了しています。徳井義実さん演じる日本女子バレーボールの大松博文監督を描くシーンについては編集などで、できるだけ配慮をして放送いたします」というテロップが流れた。

 この日の注目は巨額の申告漏れなどで活動自粛中のチュートリアル徳井の出演シーン。NHKは事前に「ドラマの流れを損なわない範囲で対応可能な措置を講じる」として放送時間も1分短縮したのだが。

「放送では顔もしっかり映り、セリフも結構あって熱演していました。どこをカットしたのかという感じです。アリバイづくりのためにテロップを出したのかという気がしました。ただ、大松監督は予想以上のデキ。ウマ呼ばわりされていたキャプテン河西昌枝役の安藤サクラも好演し、後半の名場面ともいえそうなほど迫力がありました」(ドラマウオッチャー)

 徳井の代表作になった可能性も。騒動の代償はあまりにも大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る