徳井義実「いだてん」好演も…所得隠しで“幻の代表作”に

公開日: 更新日:

 3日放送のNHK大河ドラマ「いだてん」。番組冒頭で「10月1日にすべての収録を終了しています。徳井義実さん演じる日本女子バレーボールの大松博文監督を描くシーンについては編集などで、できるだけ配慮をして放送いたします」というテロップが流れた。

 この日の注目は巨額の申告漏れなどで活動自粛中のチュートリアル徳井の出演シーン。NHKは事前に「ドラマの流れを損なわない範囲で対応可能な措置を講じる」として放送時間も1分短縮したのだが。

「放送では顔もしっかり映り、セリフも結構あって熱演していました。どこをカットしたのかという感じです。アリバイづくりのためにテロップを出したのかという気がしました。ただ、大松監督は予想以上のデキ。ウマ呼ばわりされていたキャプテン河西昌枝役の安藤サクラも好演し、後半の名場面ともいえそうなほど迫力がありました」(ドラマウオッチャー)

 徳井の代表作になった可能性も。騒動の代償はあまりにも大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る