1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

公開日: 更新日:

 ことしも年末恒例、芸能人のディナーショーの話題が出始めた。週刊女性によると、2019年の値段ランキングは不動の1位だった五木ひろしの5万5000円(税込み=以下同)を抜いて、矢沢永吉が7万1500円でトップに。

 矢沢にとって3年ぶりのディナーショーは70歳の節目の上、ことしは7年ぶりのニューアルバム「いつか、その日が来る日まで…」も秋にリリース。そうしたアニバーサリーが重なってか、3年前の税抜き6万円より値段は上がり、往年の矢沢ファンという50代男性からの「割高だな」というコメントが同誌に掲載されている。

 ランキングベストスリーの2位は韓国俳優クォン・サンウ(6万円)。その他、ジャニーズのアイドルグループ「V6」のうち、坂本昌行、長野博、井ノ原快彦による「20th Century」が18年ぶりにディナーショーを行う。値段はファンクラブ会員価格で4万5000円。18年前の01年が3万6000円だったというから、こちらも大幅アップとなる。それを東京、京都など5都市で計13公演を行うそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  6. 6

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  7. 7

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  8. 8

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  9. 9

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  10. 10

    「まさか、そんなことまでは…」を平然とやる安倍政権

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る