渥美清<後編>療養所生活でも毎日患者を集めて笑わせていた

公開日: 更新日:

 映画「男はつらいよ」シリーズの寅さんとして国民的俳優になった渥美清も、もともとは浅草フランス座のコメディー俳優だった。芸達者で評価は高く、2代目座長も務めている。アメ横で身につけた流暢なテキ屋の語り口調とやくざの口上を得意としたが、欠点は気の短さ。客にも食ってかかったりした。それが病気で一変する。

 フランス座に移籍した1年後の1954年に肺結核を患い、3年ほど療養生活に入った。浅草で人気絶頂期だったから、悔しい思いをしただろうが、この経験で「人が変わった」と松倉さん。

「帰ってきたら、円く温和になっていて、みんな驚いたものです。当時は肺結核で命を落とす患者が大勢いたから、『あすの命のない人たちの集まりだからね。毎日、1人、2人と減っていくんだよ……。俺はこうやって戻ってこられたけどね』と、しみじみ話していました」

 いつ絶えるか知れない状況にあっても、渥美は毎日患者を集めて笑わせていたという。同じ療養所に入院していた患者さんが、のちに松倉さんのもとを訪れている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    田中のヤ軍再契約消滅 “病み上がり”2投手獲得で実力見切り

  9. 9

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

  10. 10

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

もっと見る