渥美清<後編>療養所生活でも毎日患者を集めて笑わせていた

公開日: 更新日:

 映画「男はつらいよ」シリーズの寅さんとして国民的俳優になった渥美清も、もともとは浅草フランス座のコメディー俳優だった。芸達者で評価は高く、2代目座長も務めている。アメ横で身につけた流暢なテキ屋の語り口調とやくざの口上を得意としたが、欠点は気の短さ。客にも食ってかかったりした。それが病気で一変する。

 フランス座に移籍した1年後の1954年に肺結核を患い、3年ほど療養生活に入った。浅草で人気絶頂期だったから、悔しい思いをしただろうが、この経験で「人が変わった」と松倉さん。

「帰ってきたら、円く温和になっていて、みんな驚いたものです。当時は肺結核で命を落とす患者が大勢いたから、『あすの命のない人たちの集まりだからね。毎日、1人、2人と減っていくんだよ……。俺はこうやって戻ってこられたけどね』と、しみじみ話していました」

 いつ絶えるか知れない状況にあっても、渥美は毎日患者を集めて笑わせていたという。同じ療養所に入院していた患者さんが、のちに松倉さんのもとを訪れている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  8. 8

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る