渥美清<前編>“飴屋横丁”で働き身につけた寅さんの売り口上

公開日: 更新日:

 浅草は映画の街だった。フランス座があった台東区浅草公園六区は映画館が並ぶ歓楽街で、毎週火曜日、新作映画の封切りがあった。

「それを全国の興行師さんが見にきて、上映するかどうかのバロメーターにするわけです。日活の堀久作さんや大映の永田雅一さん、東映の大川博さんといった各映画会社の社長たちが小屋の前に立ってね。どこの劇場に人が入るか、チェックしていたのを覚えています」

 当時人気だった石原裕次郎の作品や、米国から直輸入の洋画も公開していた。東洋興業の社員や所属コメディアンは入館パスを持っていたので、空き時間には見にいっていたという。

「おかげで将来は自分も映画や舞台に出たいっていうコメディアン志望も、ウチに来るわけですよ」

 映画「男はつらいよ」シリーズの寅さんとして国民的俳優になった渥美清も、浅草で芸を磨き、巣立ったひとりである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  8. 8

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る