渥美清<前編>“飴屋横丁”で働き身につけた寅さんの売り口上

公開日: 更新日:

 浅草は映画の街だった。フランス座があった台東区浅草公園六区は映画館が並ぶ歓楽街で、毎週火曜日、新作映画の封切りがあった。

「それを全国の興行師さんが見にきて、上映するかどうかのバロメーターにするわけです。日活の堀久作さんや大映の永田雅一さん、東映の大川博さんといった各映画会社の社長たちが小屋の前に立ってね。どこの劇場に人が入るか、チェックしていたのを覚えています」

 当時人気だった石原裕次郎の作品や、米国から直輸入の洋画も公開していた。東洋興業の社員や所属コメディアンは入館パスを持っていたので、空き時間には見にいっていたという。

「おかげで将来は自分も映画や舞台に出たいっていうコメディアン志望も、ウチに来るわけですよ」

 映画「男はつらいよ」シリーズの寅さんとして国民的俳優になった渥美清も、浅草で芸を磨き、巣立ったひとりである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る