大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、(株)文化通信社に入社。同社特別編集委員、映画ジャーナリストとして、現在に至る。1992年からは独立系を中心とした邦画を賞揚する日プロ大賞(日本映画プロフェッショナル大賞)を発足し、主宰する。著書は「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など。

ハイレベルで大混戦 アカデミー賞にお祭り感が戻ってきた

公開日: 更新日:

 今週発表された米アカデミー賞のノミネートを見て、ちょっと興奮した。近年で、もっとも充実した作品群が並んでいたからだ。ここ何年か、アカデミー賞はつまらなくなっていた。理由のひとつとして、それなりにクオリティーは高いが、知名度がそれほどではない作品が多かったことが挙げられる。

 だが、今年は全く違う。ダイナミックだ。筆者が昨年のベスト3に入れた作品に加え、公開されたばかりの傑作「フォードvsフェラーリ」も作品賞に入り、大ヒットを切った韓国映画「パラサイト 半地下の家族」もこの部門に名を連ねた。個人賞も、これらの作品の流れにある程度準じる。

 アカデミー賞は、華やかなのがやはり王道だと思う。そのためには、多くの人が知る作品が必要なのだ。世界各国の作品を対象に、芸術性を重点的に競い合う欧州の映画祭とは違う。映画のもつ祝祭性、お祭り感覚が、アカデミー賞には大事だと感じる。行き過ぎは困るが、今年の並びは節度がある。

 毎年、どの作品や俳優が主要賞を取るのかと国内メディアも躍起になる。近年、そんな記事には全く興味がなかったが、今年は気になる。動画配信サービス会社のネットフリックスが製作した「アイリッシュマン」や、韓国映画の「パラサイト」が作品賞を取ったら、アカデミー賞の歴史は変わる。そうならなくても、納得のいく受賞結果になるだろうと推測できる。

 ただ個人賞になると、ベテラン勢が多いのが、逆の意味で気になる。いまのハリウッドは、知名度が高い俳優となると、どうしてもベテランに偏る。この場に人種を超えた若手が入り込んでこそ、米映画の活力は本物になることだろう。いずれにしろ、羨ましい賞であることに変わりない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    木村拓哉「教場」で10年半ぶり“フジ月9”…そしてヒロイン候補に浮上する女優の名前

    木村拓哉「教場」で10年半ぶり“フジ月9”…そしてヒロイン候補に浮上する女優の名前

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 4
    電動キックボードで男性死亡…運営会社LUUPの釈明に「お悔み申し上げますくらい言えば」の声

    電動キックボードで男性死亡…運営会社LUUPの釈明に「お悔み申し上げますくらい言えば」の声

  5. 5
    松村沙友理との破局言及におけるヒカルの「無配慮」芸能人がYouTuberと交際するリスク

    松村沙友理との破局言及におけるヒカルの「無配慮」芸能人がYouTuberと交際するリスク

  1. 6
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  2. 7
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  3. 8
    大谷の新ボスに元ロッテ監督・バレンタイン氏が浮上! 72歳老将自ら“売り込み”の成果は?

    大谷の新ボスに元ロッテ監督・バレンタイン氏が浮上! 72歳老将自ら“売り込み”の成果は?

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    多額の“手切れ金”支払いへ…村上グループに株買い占められた「セントラル硝子」の覚悟

    多額の“手切れ金”支払いへ…村上グループに株買い占められた「セントラル硝子」の覚悟