「パラサイト」の衝撃 “半地下”生活は対岸の火事にあらず

公開日: 更新日:

 韓国映画として初のカンヌ国際映画祭最高賞(パルムドール)を受賞し、ゴールデン・グローブ賞ほか全世界で120以上もの映画賞をとった「パラサイト 半地下の家族」。ついに映画賞の最高峰たる米アカデミー賞でも、アジア映画として史上初めて作品賞にノミネートされ、大きな話題となっている。

 アメリカではすでにテレビドラマ化も決定するなど「半地下」フィーバーはとどまるところを知らない。こうした盛り上がりの中で公開された日本でも「アナ雪2」「スター・ウォーズ」といった超大作に続く初登場5位と大健闘。翌週も順位は落ちず、堅調な動員を見せている。その背景について映画批評家の前田有一氏が語る。

「ポン・ジュノ監督にはネットフリックス製作の前作『オクジャ/okja』(17年)が“ネット配信作は映画とは認められない”などと映画館業界から批判を浴び、高評価だったにもかかわらずパルムドールを逃した気の毒な経緯があります。もともと『母なる証明』(09年)の頃からカンヌでの評価はすこぶる高く、今回のパルムドール受賞は誰もが納得するところですが、米国のアカデミー賞にまで王手をかけたとなれば“事件”です。映画の主題である格差社会への批判が、韓国、欧州そして米国と、世界中で強い関心を持たれている証拠でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  7. 7

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  10. 10

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

もっと見る