「パラサイト」の衝撃 “半地下”生活は対岸の火事にあらず

公開日: 更新日:

 韓国映画として初のカンヌ国際映画祭最高賞(パルムドール)を受賞し、ゴールデン・グローブ賞ほか全世界で120以上もの映画賞をとった「パラサイト 半地下の家族」。ついに映画賞の最高峰たる米アカデミー賞でも、アジア映画として史上初めて作品賞にノミネートされ、大きな話題となっている。

 アメリカではすでにテレビドラマ化も決定するなど「半地下」フィーバーはとどまるところを知らない。こうした盛り上がりの中で公開された日本でも「アナ雪2」「スター・ウォーズ」といった超大作に続く初登場5位と大健闘。翌週も順位は落ちず、堅調な動員を見せている。その背景について映画批評家の前田有一氏が語る。

「ポン・ジュノ監督にはネットフリックス製作の前作『オクジャ/okja』(17年)が“ネット配信作は映画とは認められない”などと映画館業界から批判を浴び、高評価だったにもかかわらずパルムドールを逃した気の毒な経緯があります。もともと『母なる証明』(09年)の頃からカンヌでの評価はすこぶる高く、今回のパルムドール受賞は誰もが納得するところですが、米国のアカデミー賞にまで王手をかけたとなれば“事件”です。映画の主題である格差社会への批判が、韓国、欧州そして米国と、世界中で強い関心を持たれている証拠でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  3. 3

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  4. 4

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    安倍首相が疑惑の大手IT社長と会食で「世論操作か」の声

  9. 9

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  10. 10

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る