井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

銀幕に存在感を焼き付けた純粋に欲どしい俳優・宍戸錠

公開日: 更新日:

 再会したのは6年後の、松竹映画「釣りバカ」と併映の「さすらいのトラブルバスター」という、テレビ局のよろず揉め事処理係が奮闘するコメディー。大手芸能プロの社長役で迎えた時だ。

「カントク、まだ日活の実録小説書いてんだけどさ」と言われた。「早く仕上げて下さいよ。映画化しますから」と言うと、「よっし! 書く」とあの頬張った顔を赤らめていた。その後は深夜ドラマと、豊頬を元に戻した手術後の新幹線の中だった。「大丈夫ですか? ぐっと男前ですね」と言うと、「カントク、『シシド 小説・日活撮影所』出したからさ」と。それは昭和の活動屋の夢の記録だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  5. 5

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  6. 6

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  7. 7

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  8. 8

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  9. 9

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  10. 10

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

もっと見る