東ちづるさん 仏絵本のカロリーヌに憧れて自由な冒険心を

公開日: 更新日:

カロリーヌの冒険

 昭和から平成にかけ、「お嫁さんにしたい」が代名詞だった東ちづるさん。当時を知る中高年なら、舌鋒鋭いコメンテーター、さらに社会活動家として活躍する現在の姿に驚いているかもしれない。人生を変えた一冊、その原点となった本を尋ねると、フランスの絵本「カロリーヌの冒険」シリーズを挙げてくれた。

  ◇  ◇  ◇

 幼い頃の私は、おままごととか、女の子の遊びに興味がなく、外でひとり鉄棒したり、家では本を読むか絵を描くか。本はクラシックをかけながら読み聞かせてくれた母の英才教育が始まりでしたけど、この本は世界文学全集と違い、とても異色に感じたのを覚えてます。

 なんといっても、同い年くらいのカロリーヌです。思い立ったら吉日と海へ山へと旅立ち、時空を超えて過去や、月にまで行っちゃう。どんなピンチに見舞われても、明るくクリアしていくんです。子猫や子犬など、かわいい8匹の仲間といい、なんて自由でキュートで、いつかカロリーヌのようになりたいなあって。高校3年くらいまで身近に置いて読み返していました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る