東ちづるさん 仏絵本のカロリーヌに憧れて自由な冒険心を

公開日: 更新日:

カロリーヌの冒険

 昭和から平成にかけ、「お嫁さんにしたい」が代名詞だった東ちづるさん。当時を知る中高年なら、舌鋒鋭いコメンテーター、さらに社会活動家として活躍する現在の姿に驚いているかもしれない。人生を変えた一冊、その原点となった本を尋ねると、フランスの絵本「カロリーヌの冒険」シリーズを挙げてくれた。

  ◇  ◇  ◇

 幼い頃の私は、おままごととか、女の子の遊びに興味がなく、外でひとり鉄棒したり、家では本を読むか絵を描くか。本はクラシックをかけながら読み聞かせてくれた母の英才教育が始まりでしたけど、この本は世界文学全集と違い、とても異色に感じたのを覚えてます。

 なんといっても、同い年くらいのカロリーヌです。思い立ったら吉日と海へ山へと旅立ち、時空を超えて過去や、月にまで行っちゃう。どんなピンチに見舞われても、明るくクリアしていくんです。子猫や子犬など、かわいい8匹の仲間といい、なんて自由でキュートで、いつかカロリーヌのようになりたいなあって。高校3年くらいまで身近に置いて読み返していました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    京都から中国人が消えた…新型コロナで観光地正常化の皮肉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る