大下英治さんは太宰治「晩年」を読み作家への憧れを募らす

公開日: 更新日:

 子供の頃から、早く独立して稼がないといけないと考えていました。1歳のとき、父親を広島の原爆で亡くし、生きていくのが精いっぱいの家庭。中学を出たら働くと決めていた。絵が得意だったので、最初に志したのが挿絵画家です。これなら好きな絵を描いて食っていけると。そこで新聞の連載小説に載っている挿絵を真似していましたが、中2のとき、新聞連載小説で井上靖の「氷壁」が始まり、読んでいると小説の方が面白くなった。そんな頃、親戚の家で日本文学全集を見つけ、手に取ったのが太宰治の「晩年」です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る