“アイドルの聖地”にもコロナ禍 秋葉原に響く断末魔の叫び

公開日: 更新日:

「コロナショック」は“アイドルの聖地”秋葉原も直撃している。

 4日(水)の午後8時、いつもなら平日でも海外からの観光客やサラリーマンでごった返す秋葉原駅前は閑散としていた。寒空の下、中央通りでメイド喫茶のチラシを配るメイドたちも所在なげ。聞けば「いつもの半分以下しか人がいない。お店もガラガラ」と言い、店から指導されているらしく、皆一様にノーマスクで通行人に笑いかける姿がイジましい。

 秋葉原に常設劇場を持つ「AKB48」は、先月26日に「3月11日までの主催コンサート、劇場公演、イベントに関して中止または延期」といち早く発表。“最強地下アイドル”「仮面女子」は、秋葉原カラオケパセラ最上階の劇場を拠点にした「毎日公演」がウリだが、先週までは公演を続けていたものの、今週に入り、4日から13日まで臨時休演を発表した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る