「対岸の絢爛」IR問題の闇に斬り込む火を吐くような論戦

公開日: 更新日:

トラッシュマスターズ「対岸の絢爛」

 新型コロナウイルス騒動で公演中止が相次ぐ演劇界だが、感染予防に細心の注意を払いながら公演を敢行する劇団も多い。劇作家&演出家の中津留章仁が率いるトラッシュマスターズもそのひとつ。社会派劇団と呼ばれるように今回はIR問題がテーマ。

 IR(Integrated Resort=統合型リゾート)とは国際会議場やホテル、レストラン、劇場、映画館などと一体になった複合観光集客施設のことで、今問題になっているのは、そこにカジノが併設されること。横浜ではカジノ誘致に舵を切った市長にギャンブル依存症や治安に不安を抱く市民が対決姿勢を強めている。衆議院議員による贈収賄事件も起きた。カジノ問題は喫緊の政治問題なのだ。

 物語は3つの時間を往還する。

 1つは第2次大戦中の九州の小さな漁村を舞台にした民間漁船の軍事徴用問題。2つ目は1980年代にH県F市で起きた架橋計画問題。そして3つ目は近未来のY市でのカジノ構想反対運動。それぞれモデルとなる事件は明らかだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る