「対岸の絢爛」IR問題の闇に斬り込む火を吐くような論戦

公開日: 更新日:

トラッシュマスターズ「対岸の絢爛」

 新型コロナウイルス騒動で公演中止が相次ぐ演劇界だが、感染予防に細心の注意を払いながら公演を敢行する劇団も多い。劇作家&演出家の中津留章仁が率いるトラッシュマスターズもそのひとつ。社会派劇団と呼ばれるように今回はIR問題がテーマ。

 IR(Integrated Resort=統合型リゾート)とは国際会議場やホテル、レストラン、劇場、映画館などと一体になった複合観光集客施設のことで、今問題になっているのは、そこにカジノが併設されること。横浜ではカジノ誘致に舵を切った市長にギャンブル依存症や治安に不安を抱く市民が対決姿勢を強めている。衆議院議員による贈収賄事件も起きた。カジノ問題は喫緊の政治問題なのだ。

 物語は3つの時間を往還する。

 1つは第2次大戦中の九州の小さな漁村を舞台にした民間漁船の軍事徴用問題。2つ目は1980年代にH県F市で起きた架橋計画問題。そして3つ目は近未来のY市でのカジノ構想反対運動。それぞれモデルとなる事件は明らかだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  7. 7

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る