「モーニングショー」視聴率に貢献 “嫌われ玉川”のKYぶり

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスで終わりの見えない自粛ムードが蔓延する中、唯一活気づいているのがワイドショーだ。新型コロナを扱えば、視聴率がアップ。ワイドショーはコロナ一色になった。「煽り過ぎ」と非難する声もあるが、最大の関心事であるのは間違いない。

 中でも影響力が大きいのは3年連続同時間帯トップを走る「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)。先日、報道内容を巡り、厚労省が番組を名指しで批判したのは記憶に新しい。

 注目は月~金でコメンテーターを務めるテレ朝社員の玉川徹。今回に限ったわけではなく、彼の発言は常にネットをざわつかせ、炎上必至。ネット民にも国にも目をつけられている。そんな“嫌われ玉川”とはそもそもどんな人なのか。

「彼はれっきとしたテレビ朝日の社員でありながら、番組で問題発言を連発、コメンテーターの誰よりも空気の読めない存在です。もっとも、ご本人は以前、羽鳥とともに『徹子の部屋』に出演した際、番組スタート時、羽鳥に『僕は悪役やるから悪役とヒーローでやりましょう』と話したと語っていました。どうやら空気を読めないのではなく、番組をもり立てるためにあえて読まないようにしているようです。彼がメインのコーナー『そもそも総研』で原発やネトウヨなどに切り込むブレないスタンスを支持する人もいます」(テレビウオッチャー)

 コロナ特需で玉川の人気がアップ!? ということかも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  6. 6

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  7. 7

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る