「モーニングショー」視聴率に貢献 “嫌われ玉川”のKYぶり

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスで終わりの見えない自粛ムードが蔓延する中、唯一活気づいているのがワイドショーだ。新型コロナを扱えば、視聴率がアップ。ワイドショーはコロナ一色になった。「煽り過ぎ」と非難する声もあるが、最大の関心事であるのは間違いない。

 中でも影響力が大きいのは3年連続同時間帯トップを走る「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)。先日、報道内容を巡り、厚労省が番組を名指しで批判したのは記憶に新しい。

 注目は月~金でコメンテーターを務めるテレ朝社員の玉川徹。今回に限ったわけではなく、彼の発言は常にネットをざわつかせ、炎上必至。ネット民にも国にも目をつけられている。そんな“嫌われ玉川”とはそもそもどんな人なのか。

「彼はれっきとしたテレビ朝日の社員でありながら、番組で問題発言を連発、コメンテーターの誰よりも空気の読めない存在です。もっとも、ご本人は以前、羽鳥とともに『徹子の部屋』に出演した際、番組スタート時、羽鳥に『僕は悪役やるから悪役とヒーローでやりましょう』と話したと語っていました。どうやら空気を読めないのではなく、番組をもり立てるためにあえて読まないようにしているようです。彼がメインのコーナー『そもそも総研』で原発やネトウヨなどに切り込むブレないスタンスを支持する人もいます」(テレビウオッチャー)

 コロナ特需で玉川の人気がアップ!? ということかも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  6. 6

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  7. 7

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  8. 8

    西武選手も合コン…海外日本人選手との“コロナ温度差”は何

  9. 9

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  10. 10

    高橋理事に五輪招致9億円受領報道「死ぬ前に話してやる」

もっと見る