ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

俺は見た!野村克也夫婦がいかに克則くんを溺愛していたか

公開日: 更新日:

 クルクルクル、カラーンで、今回は2020年東京五輪・パラリンピック・イヤーの今年、現代なのだ。

 新型コロナウイルスの感染は気になるところだが、プロ野球ファンにはいよいよ球春到来、お気に入りのチームや選手の一投一打に胸躍らせる季節がやってきた。

 その一方でどこか寂しさを感じている野球ファンも少なくないのではあるまいか。2月11日あまりも突然、名選手、名監督だったノムさんこと野村克也氏が逝った……。

 実はその3週間前、1月21日に帝国ホテルで行われた400勝投手金田正一氏のお別れの会で、足腰は弱っているものの、ミスターこと長嶋茂雄氏と並んで献花をする毅然としたその姿をこの目で見ているだけに、俺の中ではどこか釈然としない訃報であったのだ。

 この突然の出来事がたとえば、奥さんのサッチーがまだ健在であったならば、「ムムム……サッチー、財産目当てについに毒を盛ったか……」と思ったのだろうが(思うんじゃねーよ!この不謹慎ヤロー!!)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

  10. 10

    フジ女子アナにステマ疑惑…花形職業の凋落で自覚マヒか?

もっと見る