井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

生活補償金はどうなんだ? “都民ファースト”なんだろうが

公開日: 更新日:

 人間は愚かだ。コロナで休校中に“よりによって”スペインに旅行し、帰国してきた10代の女子が検疫の結果も待たずにとっとと沖縄に帰り、感染者だったと分かったとは呆れた話だ。なんで待機させとかないんだということになるが、金払いの悪い政府がホテル代も払ってはくれない。「空港などで検疫を拒否したら懲役6月です」とテレビが言い出したが、感染は広がるばかりだ。

 先日も都内じゃ桜を見がてらか、人々が方々のカフェテラスに集まっていた。“コロナ疲れ”の反動だろう。このままじゃ感染爆発して「首都封鎖」などと信じがたいことを都知事も言い出し、ロンドンじゃ5カ月封鎖もあるかもとテレビも騒いでいる。それで外出禁止令が出ようものなら、パン食い競走みたいにまた買い占めパニックが起こるだろう。

 ダスティン・ホフマン主演の「アウトブレイク」の悪夢が浮かんだ。それは謎のウイルス感染爆発中のアメリカで軍医が血清を作って奮闘する話で、もちろん感染した妻も救うハッピーエンドが用意されていたが。そんなことを思い出してるうちに、都市封鎖中のアメリカからも続々と日本人が避難帰国してきたぞ。検疫されて2週間、宿舎隔離だ。ゾンビ映画まで思い出してしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

もっと見る