井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

時代が移っても変わらぬ孤立 我がテーマも何ら変わらない

公開日: 更新日:

 ウイルス感染が世界経済までぶち壊している。不況不景気でも映画館だけは客を呼ぶというが、さすがにどこの小屋も不入りのようだ。「濃厚接触」は流行語大賞かも知れない。外に出て憂さ晴らしも許されないなら、ネットで映画でも見るかと配信サイトを探してみたら、昭和期の作品にまざって懐かしの我が拙作たちも並んでいたので、急にタイムトンネルに吸い込まれていった。

 夢と欲望を生きた戦後昭和。アメリカ館の「月の石」を見たい客が何時間も行列持ちし、「辛抱と長蛇」の残酷博とおちょくられた大阪万博が幕を閉じたら途端に、いざなぎ景気も止まり、高度経済成長も終わったのは1971年だった。そこへ現れたのが米映画のリアリズム革命でもある「ゴッドファーザー」。これに倣って作られたのが実録「仁義なき戦い」で、ニューシネマと新しいやくざ映画にたちまち感染して、映画熱にうなされてしまった客のひとりが無職で文無しの自分だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  2. 2

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  3. 3

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  4. 4

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    和歌山で地震が頻発…本当に南海トラフと無関係なのか?

  9. 9

    小室圭さん“10月婚”に焦り「解決金」決着で共感得られるか

  10. 10

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

もっと見る