井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

時代が移っても変わらぬ孤立 我がテーマも何ら変わらない

公開日: 更新日:

 ウイルス感染が世界経済までぶち壊している。不況不景気でも映画館だけは客を呼ぶというが、さすがにどこの小屋も不入りのようだ。「濃厚接触」は流行語大賞かも知れない。外に出て憂さ晴らしも許されないなら、ネットで映画でも見るかと配信サイトを探してみたら、昭和期の作品にまざって懐かしの我が拙作たちも並んでいたので、急にタイムトンネルに吸い込まれていった。

 夢と欲望を生きた戦後昭和。アメリカ館の「月の石」を見たい客が何時間も行列持ちし、「辛抱と長蛇」の残酷博とおちょくられた大阪万博が幕を閉じたら途端に、いざなぎ景気も止まり、高度経済成長も終わったのは1971年だった。そこへ現れたのが米映画のリアリズム革命でもある「ゴッドファーザー」。これに倣って作られたのが実録「仁義なき戦い」で、ニューシネマと新しいやくざ映画にたちまち感染して、映画熱にうなされてしまった客のひとりが無職で文無しの自分だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る