鷲見玲奈日テレ電撃復活でギャラ4倍 女子アナは“塞翁が馬”

公開日: 更新日:

「今回の制作は日テレの系列局である札幌テレビが担当する。コロナ騒動で広告収入が激減した地方系列30局を救済する意味も兼ねている。その第1弾の試みとなるわけです。それゆえ、制作費も通常は600万円程度がいいところだが今回は1本2000万円以上。鷲見アナのギャラも最低でも70万円以上で、テレ東の実に4倍以上のギャラになる」(制作会社プロデューサー)

 晴れて日テレで全国区デビューを果たす鷲見アナ。いま日テレ関係者の間では想定外の高評価を得ているという。

「鷲見アナのキャスティングは所属する大手芸能プロのセント・フォースの猛プッシュもあり、天の声に近いもの。下馬評では“わがままで扱いにくい”という悪い面ばかりが伝わってきていたんです。だが実際にロケをしてみると、とんでもない。サービス精神が旺盛で自慢のGカップや文春砲のイジリも全てOKだった。あまりのサービスぶりに日テレサイドがお蔵入りにした部分もあります」(制作会社関係者)

 鷲見アナの人間性もすこぶる評判が良かったという。

「誰よりも一番にスタジオ入りする。台本は他人のパーツまですべて覚えている。芸人の土田晃之や元柔道の篠原信一、また元テレビ金沢からフリーになった馬場ももこもこぞって鷲見アナのファンになってしまったほどなんです」(放送作家)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  2. 2
    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

  3. 3
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  4. 4
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  5. 5
    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

  1. 6
    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

  2. 7
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  3. 8
    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

  4. 9
    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

  5. 10
    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由

    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由