ステイホームで女子アナブーム再燃 弘中綾香ら第7世代躍進

公開日: 更新日:

 目下、民放キー局のプロデューサーやディレクターらをうならせているのがテレビ朝日の女子アナのプロモーション力だ。緊急事態宣言下で再燃した女子アナブームにいち早く目をつけたのだという。

「コロナ禍でネットやスマホに飽きた視聴者が、情報&報道番組を視聴するようになったんです。それらの番組は基本、女子アナです。10年以上前にもブームが起こりましたが、いまや若手アナは芸人に負けず劣らず“女子アナ第7世代”といってもいい人気ぶりです」(制作関係者)

 そうした状況下、テレビ関係者や女子アナファンらの注目を集めているのが、テレ朝が配信するYouTubeコンテンツ「動画、はじめてみました」の“女子アナ○○部”だ。将来を有望視される若手ディレクター監修のもと、テレ朝の女子アナがYouTuberとして出演しているのだ。


「好き勝手に自分が興味あるテーマで番組を作っている。例えば、林美沙希アナ(30)がプロ雀士を本気で目指す『徹マン。林』。他にも、田中萌アナ(28)が欅坂46の『不協和音』のフルダンスにチャレンジする『女子アナダンス部』などが配信されています」(前出の制作関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  4. 4

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  5. 5

    丹羽宇一郎氏「コロナ後はさらなる危機が待ち構えている」

  6. 6

    東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍に首都直下地震の足音

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  9. 9

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  10. 10

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

もっと見る