二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

不思議とウマが合った「アクターズプロ」の阿知波信介氏

公開日: 更新日:

 1962年、東宝から独立した三船敏郎が創業した「三船プロ」は俳優のマネジメントだけでなく、映画製作も手掛けた。調布にオープンセットまである撮影所も所有。石原裕次郎とタッグを組んだ「黒部の太陽」をヒットさせるなど、一時代の映画界に革命を起こした。

 しかし、好事魔多し。事業の拡大に伴うように内部分裂が起きる。東宝演出部から三船を慕い移籍してきた田中寿一氏が俳優を連れて独立。「田中プロモーション」を設立した。田中は女優の烏丸せつことの再婚など芸能史を賑わせた人物でもあった。

 新たなスタートを切った田中プロも出だしは好調だったが、因果は巡るように今度は田中プロで内紛が勃発。副社長の阿知波信介氏と俳優・竜雷太らがたもとを分かち、竜を社長に「アクターズプロ」を設立。萬田久子、秋野暢子ら女優陣も移籍した。影響をまともに受けた田中プロは後に倒産した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  10. 10

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

もっと見る