江口洋介のやさぐれ感に歓喜…おじキュンの「真打ち登場」

公開日: 更新日:

 ドラマ界ですっかり定着した「おじキュン現象」。おじさんにキュンキュンするという意味だ。

 最近なら、すでに終了した連ドラ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)の大森南朋(48)を筆頭に、「おじさんはカワイイものがお好き。」(読売テレビ・日本テレビ系)の真島秀和(43)あたりか。また、大ヒットドラマ「半沢直樹」(TBS系)に出演していた香川照之(54)も、憎まれ役だったはずが、いつの間にか出演シーンがあるたびに〈可愛い〉〈半沢を好きすぎて、もはやヒロイン〉なんて歓声を一身に集めた。

「そんなおじキュンブームの中、『真打ち登場!』と思わず声をかけたくなるようなドラマが始まりました」と語るのは、ドラマウオッチャーで芸能ライターの山下真夏氏だ。

 おじキュンを求める視聴者に勧める連ドラとは、9月19日スタートの「天使にリクエストを~人生最後の願い~」(NHK)。“おじキュンの真打ち”とは、主演を務める俳優の江口洋介(52)のこと。江口が演じるのは、元マル暴で現在は探偵となった島田という男。優秀な刑事だったが、ある事件でわが子を失い、妻とも別れ、いまは自堕落な生活を送っているという設定だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

  2. 2
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  3. 3
    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

  4. 4
    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  5. 5
    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

もっと見る

  1. 6
    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

  2. 7
    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

  3. 8
    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

  4. 9
    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

  5. 10
    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い

    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い