江口洋介のやさぐれ感に歓喜…おじキュンの「真打ち登場」

公開日: 更新日:

 ドラマ界ですっかり定着した「おじキュン現象」。おじさんにキュンキュンするという意味だ。

 最近なら、すでに終了した連ドラ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)の大森南朋(48)を筆頭に、「おじさんはカワイイものがお好き。」(読売テレビ・日本テレビ系)の真島秀和(43)あたりか。また、大ヒットドラマ「半沢直樹」(TBS系)に出演していた香川照之(54)も、憎まれ役だったはずが、いつの間にか出演シーンがあるたびに〈可愛い〉〈半沢を好きすぎて、もはやヒロイン〉なんて歓声を一身に集めた。

「そんなおじキュンブームの中、『真打ち登場!』と思わず声をかけたくなるようなドラマが始まりました」と語るのは、ドラマウオッチャーで芸能ライターの山下真夏氏だ。

 おじキュンを求める視聴者に勧める連ドラとは、9月19日スタートの「天使にリクエストを~人生最後の願い~」(NHK)。“おじキュンの真打ち”とは、主演を務める俳優の江口洋介(52)のこと。江口が演じるのは、元マル暴で現在は探偵となった島田という男。優秀な刑事だったが、ある事件でわが子を失い、妻とも別れ、いまは自堕落な生活を送っているという設定だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る