南北問題を描いた「愛の不時着」を北朝鮮はどう見たのか

公開日: 更新日:

 茂木敏充外相も全話見たという韓国ドラマ「愛の不時着」(2019年)。日本のメディアでも大絶賛され、人気となったことは記憶に新しい。恋愛物としての展開は古典的だが、ドラマを盛り上げる舞台装置として南北問題を巧みに使っている点が成功の一因だろう。

 だが一方で次のような批評もある。

「完全な歪曲と捏造で我々の明るい現実を極悪に冒涜した映画とドラマを作り、堂々と流布している南朝鮮当局と当該制作者は同族を悪辣に陥れた代価を必ず払うだろう」

 これは北朝鮮の対南広報サイト「わが民族同士」が掲載した記事の一部(2020年3月4日付)。タイトルは「絶対に容認できない極悪非道な挑発行為」だ。

 ドラマの前半は、北朝鮮のひなびた村が主な舞台。迷い込んだ韓国人のセレブ女性と、兵士や村の住民らの交流が描かれる。本筋のロマンスに加え、ホロリとさせる人情、当局の目を逃れるスリル、そして北の田舎っぷりをネタにしたお笑いなどが、見せ場として用意されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    内川聖一がソフトB退団を決意した工藤監督の“塩漬け”姿勢

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    バイデンは大丈夫か? 彼はいつも戦争判断を間違えてきた

  8. 8

    「鬼滅」実写化で民放争奪戦 なぜフジに権利付与されず?

  9. 9

    ホテルの嘆き…GoToキャンペーンで日本人の醜い姿が露わに

  10. 10

    小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出

もっと見る