南北問題を描いた「愛の不時着」を北朝鮮はどう見たのか

公開日: 更新日:

 茂木敏充外相も全話見たという韓国ドラマ「愛の不時着」(2019年)。日本のメディアでも大絶賛され、人気となったことは記憶に新しい。恋愛物としての展開は古典的だが、ドラマを盛り上げる舞台装置として南北問題を巧みに使っている点が成功の一因だろう。

 だが一方で次のような批評もある。

「完全な歪曲と捏造で我々の明るい現実を極悪に冒涜した映画とドラマを作り、堂々と流布している南朝鮮当局と当該制作者は同族を悪辣に陥れた代価を必ず払うだろう」

 これは北朝鮮の対南広報サイト「わが民族同士」が掲載した記事の一部(2020年3月4日付)。タイトルは「絶対に容認できない極悪非道な挑発行為」だ。

 ドラマの前半は、北朝鮮のひなびた村が主な舞台。迷い込んだ韓国人のセレブ女性と、兵士や村の住民らの交流が描かれる。本筋のロマンスに加え、ホロリとさせる人情、当局の目を逃れるスリル、そして北の田舎っぷりをネタにしたお笑いなどが、見せ場として用意されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ドイツ人青年がタトゥーで肉体改造「人間離れした姿」になるのが目標

    ドイツ人青年がタトゥーで肉体改造「人間離れした姿」になるのが目標

  2. 2
    香取慎吾はケジメで結婚したが…中高年「事実婚」のメリット&デメリットを専門家が解説

    香取慎吾はケジメで結婚したが…中高年「事実婚」のメリット&デメリットを専門家が解説

  3. 3
    大谷翔平の値段は“青天井”に…ナ・リーグDH制導入なら23年FAで「400億円争奪戦」の声

    大谷翔平の値段は“青天井”に…ナ・リーグDH制導入なら23年FAで「400億円争奪戦」の声

  4. 4
    三浦春馬さん出演作“再放送祭り”にファン歓喜!「コンフィデンスマンJP」金髪姿をもう一度

    三浦春馬さん出演作“再放送祭り”にファン歓喜!「コンフィデンスマンJP」金髪姿をもう一度

  5. 5
    アベノマスク“首謀者”の元官邸官僚が「政策キーパーソン」にシレッと復権

    アベノマスク“首謀者”の元官邸官僚が「政策キーパーソン」にシレッと復権

もっと見る

  1. 6
    藤原紀香“バス旅”番組で株を上げ…絶妙な良妻アピールに「さすが」の声

    藤原紀香“バス旅”番組で株を上げ…絶妙な良妻アピールに「さすが」の声

  2. 7
    鷲見玲奈こそ一番の「勝ち組」じゃないか イケメン操縦士との新婚生活“切り売り”に商機アリ

    鷲見玲奈こそ一番の「勝ち組」じゃないか イケメン操縦士との新婚生活“切り売り”に商機アリ

  3. 8
    オミクロン株感染急増に潜む「子どもの重症化」リスク 学校や保育園でクラスター続出

    オミクロン株感染急増に潜む「子どもの重症化」リスク 学校や保育園でクラスター続出

  4. 9
    米男性を襲った悲劇…自宅までわずか200mの場所で凍死

    米男性を襲った悲劇…自宅までわずか200mの場所で凍死

  5. 10
    <126>逮捕されたら無効に…? 早貴被告が弁護士と結んでいた仰天契約

    <126>逮捕されたら無効に…? 早貴被告が弁護士と結んでいた仰天契約