理不尽な教師からホラー映画ばりの体罰を受けていた同級生

公開日: 更新日:

 みなさんお楽しみさまです! 真栄田です。この挨拶好きでして。お疲れさまだと、疲れをイメージさせますもんね。

 挨拶といえば地元の中学時代、先輩が通ると、首を何回も縦に振るという世にも奇妙な挨拶がありました。先輩が見えなくなるまでやるので、連チャンで先輩が通った時に、やめ時が分からなくなり脳が揺れ風景が変わっていき、意識が薄れてゆく中、近所の小学生にまで挨拶をしていました。

 昔の学校って今では考えられない理不尽さがありましたよね。校則、部活のノリ、あと体罰。僕の中学の真和志中学の教師陣は今なら「ゲーム化されるんじゃないか?」というゲームのボスキャラ並みの体罰をしていました。

 特に凄かったのが技術教師陣KとH。2人とも技術教師という利点を生かし、技術教室にある道具を武器化していました。生徒指導担当でもあるKは、忘れ物をした生徒に「忘れ物をしないように手に覚えさせような~」と不気味に笑い、なんとその生徒の手を鉄を潰す万力にセット。ゆっくりとゆっくりと万力のレバーを締めていくという、ハリウッドホラー業界から作品の監修を頼まれるくらいの生徒指導をしていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  3. 3

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る