withコロナ時代の中国エンタメ最前線<上>1120億円の損失

公開日: 更新日:

 1月23日に武漢が封鎖されてから9カ月。国内移動や娯楽イベントは制限され、映画館も全国一斉に閉鎖。1月24日から始まる10日間の“春節(旧正月)連休”に合わせて公開されるはずだった大作映画がすべて延期した。近年、中国では春節に映画館で最新映画を見ることが大流行。日本人が大晦日に紅白を見るのと同じくらいに年越しの定番となりつつあり、映画配給会社は今年、例年よりも力を入れて、3作のアニメと7作の実写映画、合わせて「十大作品」を上映予定だった。特にモスクワを舞台にしたラブコメディーで、徐崢が監督・主演をつとめる「囧媽(英題・ロスト・イン・ロシア)」、名監督・郎平が率いる女子バレーボールチームを題材にしたスポーツ映画「奪冠」、ジャッキー・チェンが主演で、中国の特殊部隊を題材にしたアクション作「急先鋒」、香港人のダンテ・ラムがメガホンをとった、海上救援の実話をもとにした“中国版の海猿”「緊急救援」、コメディアン・王宝強が主演で、東京の中華街を舞台にした探偵物語の「唐人街探案3」など実写版の映画は放映前から大ヒット間違いなしと期待されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

もっと見る