著者のコラム一覧
SALLiA歌手、音楽家、仏像オタク二スト、ライター

歌って作って踊るスタイルで話題を呼び、「イデア」でUSEN 1位を獲得。2018年より仏像オタクニストの活動を始め、初著「生きるのが苦しいなら」は紀伊國屋総合ランキング3位を獲得。近著に「アラサー女子、悟りのススメ。」(オークラ出版)がある。

滝沢歌舞伎ZERO大ヒット コロナ禍を逆手に取った演出の妙

公開日: 更新日:

 2020年12月4日より公開されている『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』が、公開3週間で観客動員50万人、興行収入15億円を突破した(12月24日時点)。監督は、ジャニーズ事務所の滝沢秀明副社長(38)。主演を務めるのは、昨年1月にデビューし、1stシングル、2ndシングルともに、ミリオン突破で話題となったSnow Manである。10月、11月に、新橋演舞場、南座、御園座で特別上映され、全62回の鑑賞チケットは即日全館全回満席の完売となっていた。

「滝沢歌舞伎」はその名の通り、元は滝沢秀明氏が主演を務めた時代劇LIVEミュージカルで、作・構成・総合演出はジャニー喜多川氏。18年の滝沢氏の芸能界引退に伴い、8年連続でシリーズに出演してきたSnow Manのメンバーがメーンキャストを継いだ。

 今作は、新型コロナウイルスの影響のため中止になってしまった舞台を届けるために急遽、映画化が決定。舞台と映像を融合させた「新時代の舞台・映画のエンターテイメント」として、企画から5カ月弱で上映にこぎつけた。

■映像化で腹筋太鼓の動きがより鮮明に

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント