仲たがいしていた馳浩氏と劇的邂逅…最高のお年玉に!

公開日: 更新日:

 実に面倒くさかった。それが今年のお正月のプロレスリング・ノアの試合にシークレットで登場、ABEMAの解説席にいた私は大興奮。プロレスファンならみんな知ってるこの珍事に会場のお客さまもマスクをしたまま写メ撮りまくり。6人タッグマッチはメインイベントで、大好きな田中将斗選手も参戦、スター・丸藤正道、若い清宮海斗といった豪華な顔ぶれで、もりに盛り上がった。騒げないけど。ムーンサルトプレスから片エビ固めで武藤敬司を潮崎豪が決めて、馳チームの勝利。これだけでも十分だったのに、試合後、な、な、なんと馳先生がリングを下りて解説席に。そしてソーシャルディスタンスを守り、抱き合うことは許されなかったが、奇跡のグータッチ! めでたしめでたし。後ろの席に奥さまも観戦されていたそうで、これもうれしかった。多分知っていた選手やスタッフの皆さん、良い場面をつくってくださり、ありがとうございました。

 数日後には緊急事態宣言再発令となり、このワンチャンスだけだっただろうし、最高のお年玉になりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る