「麒麟がくる」最終回 NHKは高視聴率で菅政権を見返せるか

公開日: 更新日:

 NHK大河ドラマで「本能寺の変」が描かれるのは、7日の「麒麟がくる」で16回目だそうだ。今回は、明智光秀が馬上から「敵は本能寺にあり」と叫ぶのではなく、出陣前に重臣たちを集めて「われらは京へ向かう」と静かに告げ、急襲された織田信長は「十兵衛かあ」と哄笑するという演出になるらしい。

 16作目といっても、これまで最終話が本能寺だったのは「信長 KING OF ZIPANGU」(1992年)のただ1作で、それだけに「麒麟がくる」の現場は力が入る。この1週間、予告スポットを何回も流し、前宣伝のスペシャル番組まで作ってしまった。注目されるのは、ではこの戦国最大のスペクタクルでどのくらいの視聴率を叩き出すかである。

「『麒麟がくる』はここ数年の大河の中では健闘しているのですが、ヒットドラマの目安となる全話平均の世帯視聴率15%には届きませんでした。新型コロナウイルスで放送中断などもありながら、なんとかここまで引っ張ってきたんですから、最終回くらいは15%を大幅に上回りたいでしょうね」(放送作家)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る