桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

「おちょやん」が面白くなってきた!杉咲花の大阪弁が快調

公開日: 更新日:

私、生まれも育ちも大阪ミナミなので…

 NHK朝ドラ「おちょやん」を楽しみに見ている。「浪花のおかあちゃん」浪花千栄子をモデルに、視聴率は18%前後と朝ドラにしては低いと叩かれているが、そんな声など気にせずこのままノビノビやって欲しい。

 なぜ肩入れするのかを説明すると、舞台は私の故郷。寅さん風に言うと「私、生まれも育ちも大阪ミナミ。道頓堀で産湯を使い……」。芝居小屋があった角座あたりは通学路で、子供の頃から慣れ親しんだ場所が舞台、応援したくなるのが人情というものです!

 大阪弁ネーティブとして感心するのはヒロイン千代を演じる杉咲花の大阪弁。口が達者で早口でまくし立てるが、まったく違和感がない。杉咲もてっきり大阪出身なのかと思ったら、東京だったことで二度びっくり。

 注目は脇を固める俳優陣。キャスティングが絶妙。京都編・鶴亀撮影所の守衛・守屋役の3代目渋谷天外は成田凌演じる天海一平のモデル、2代目渋谷天外の息子。ということは千代の息子? と早合点するかもしれないが、そうではなく、千代と別れた後に再婚した妻との間にできた子供ということになる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す