桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

「おちょやん」が面白くなってきた!杉咲花の大阪弁が快調

公開日: 更新日:

私、生まれも育ちも大阪ミナミなので…

 NHK朝ドラ「おちょやん」を楽しみに見ている。「浪花のおかあちゃん」浪花千栄子をモデルに、視聴率は18%前後と朝ドラにしては低いと叩かれているが、そんな声など気にせずこのままノビノビやって欲しい。

 なぜ肩入れするのかを説明すると、舞台は私の故郷。寅さん風に言うと「私、生まれも育ちも大阪ミナミ。道頓堀で産湯を使い……」。芝居小屋があった角座あたりは通学路で、子供の頃から慣れ親しんだ場所が舞台、応援したくなるのが人情というものです!

 大阪弁ネーティブとして感心するのはヒロイン千代を演じる杉咲花の大阪弁。口が達者で早口でまくし立てるが、まったく違和感がない。杉咲もてっきり大阪出身なのかと思ったら、東京だったことで二度びっくり。

 注目は脇を固める俳優陣。キャスティングが絶妙。京都編・鶴亀撮影所の守衛・守屋役の3代目渋谷天外は成田凌演じる天海一平のモデル、2代目渋谷天外の息子。ということは千代の息子? と早合点するかもしれないが、そうではなく、千代と別れた後に再婚した妻との間にできた子供ということになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る