てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

後藤拓実に奇妙なおかしみ 芸風と私生活のギャップが生む

公開日: 更新日:

「結局、6.5世代のロイター板に使われるんですよ」(四千頭身・後藤拓実/テレビ朝日「アメトーーク!」2月4日放送)

「お笑い第7世代」の中でもとりわけ若いのが、四千頭身だ。何しろ、全員がまだ20代前半のトリオ。だが、後藤拓実(24)は「今年に入って『第7世代』って聞かなくないですか? 僕らほど、あの言葉にすがってたトリオいない」「お笑いファンで僕らのこと好きな人いない」とネガティブな自己分析を繰り返す。

 この発言に対し、ニューヨーク嶋佐が「ホント、すごいんだから、四千頭身。24歳くらいでしょ。(後藤は)タワマンと車乗ってますから。俺なんて34歳なのに、家賃5万6000円だから」と指摘。すると、後藤は「フリに使われるんですよ」と静かに抗議し、言ったセリフが今週の言葉だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  9. 9

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  10. 10

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

もっと見る