森喜朗騒動であたらめて議論に TV番組から消えるフレーズ

公開日: 更新日:

(コラムニスト・海原かみな)

「女性がいると会議が長引く」と放言し、同席者はお追従笑い、世間の非難を浴びると「どうせ俺は老害、粗大ごみだよ」とすねる。森喜朗騒動をどっかで見たことあるなあと思ったら、そうだ、「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)だった。

 東帝大学病院のワンマン院長・蛭間重勝(西田敏行)が、院内カンファレンスで患者の治療方針を発表すると、居並ぶ医者たちは「御意!」と一斉に声を上げ、ボスは相好を崩す。と、室内に響きわたる「異議あり!」の声。大門未知子(米倉涼子)だ。ああ、だから女は厄介なんだという怒りが、院長の顔にありありと浮かぶ。

 やり手の女性が主人公のドラマでは、女性差別やセクハラに無頓着・無知な男性上司――というのがお約束で、綾瀬はるかの「天国と地獄~サイコな2人~」(TBS系)では野間口徹の管理官、篠原涼子の「ハケンの品格」(日本テレビ系)でも伊東四朗扮する社長がいた。女性を侮辱する目に余る振る舞いの末に、いずれもギャフンという目に遭うのも森と同じ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る