城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

渡部建は豊洲バイトより今こそ愚直に話術を学んでほしい

公開日: 更新日:

 昨年6月から活動自粛が続き、年末の芸能活動復帰の狙いもうまくいかなかった渡部建(48)が、この1月から東京・豊洲市場でアルバイト生活を送っていることが報じられた。

 豊洲で魚介類を扱う大手卸売店で荷物の運搬や整理の仕事をしているという。深夜0時すぎから翌朝まで、時には午後になることもある肉体労働に従事しているそうだ。一部報道で「みそぎのためのハードワーク」と言われたり、「お金をもらっていないので“ボランティア”だ」という表現もあった。

“多目的トイレ不倫”後、半年ほどのみそぎ期間を経て極秘裏に年末の番組で仕事復帰する話があったが、事前に漏洩し、記者会見を開いた。その時、ただただ謝罪するだけで質問にまともに答えることができず、周囲にも落胆が広がった。結果、その番組での復帰はかなわなかった。

 こうなると、他のテレビ番組も手を出しにくい。もうすぐ3歳になる長男を保育園に送り迎えするくらいで、自宅にこもることになる。気分も鬱々となることだろう。そんな時に知人に豊洲市場で働いてみたらと声をかけられ、夫人の佐々木希の後押しもあって働き始めたという。市場には限定された人しかいないし、マスコミも中に入れない。体を使う肉体労働で程よく疲れ、よく眠れるということだ。これまで批判だらけだったネットの書き込みも、好意的な声が見られるようになった。不祥事タレントが人知れずボランティア活動をし、それがなぜか時を置かずにマスコミに漏れた。復帰の道筋ができるという王道的なパターンといっていい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る