竹野内豊「イチケイのカラス」“HEROっぽさ”こそ月9の狙い

公開日: 更新日:

 地上波GP帯の連続ドラマでいち早くスタートした竹野内豊(50)主演の「イチケイのカラス」(フジテレビ=月曜夜9時)。5日の世帯視聴率は13.9%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)と、好発進をみせた。

 これで“フジ月9”の2ケタ発進は2018年7月期の「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」以来10期連続。一時は10話平均6%台にまで落ち込み、ブランド力を大きく落とした月9だが、看板枠として復活基調にある。

「“恋愛”を切り捨て、リアルタイムで見る層に受け入れられやすい医療や事件をベースにしたヒューマンドラマ路線に切り替えたのが、確かに数字につながっているようです」(広告代理店関係者)

「イチケイ」は、浅見理都氏による同名漫画を原作にした“東京地方裁判所第3支部第1刑事部”(通称イチケイ)の刑事裁判官の活躍を描くリーガルドラマ。主人公の高校中退で元弁護士という型破りな判事を竹野内、東大法学部卒のカタブツ判事を黒木華(31)が演じている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る